HOME全国頸髄損傷者連絡会:「福島頸損友の会 BBS」
 やまゆり園、建て替えに異論噴出 大施設「時代に逆行」 会員T.S.  2017年1月27日(金) 10:35
[修正]
やまゆり園、建て替えに異論噴出 大施設「時代に逆行」
永田大 2017年1月26日11時17分

 入所者など46人の殺傷事件が起きた相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」について、建て替えを決めた神奈川県に対し、障害者団体や有識者から見直しを求める声が強まっている。「施設から地域へ」という障害者福祉の流れに反するという考え方だ。県は園を建て直して「再生のシンボル」にしたい考えで、合意を探るという。
http://www.asahi.com/articles/ASK1R7HJ2K1RULOB01B.html

 自民、介護保険法の改正案を了承へ 会員T.S.  2017年1月27日(金) 10:33
[修正]
自民、介護保険法の改正案を了承へ 自己負担3割などに異論出ず 提出は2月上旬

http://www.joint-kaigo.com/article-3/pg555.html

 国交省、建築設計標準を充実改定/ホテルトイレバリアフリー化促進 会員T.S.  2017年1月25日(水) 19:01
[修正]
国交省、建築設計標準を充実改定/ホテルトイレバリアフリー化促進【実効性重視、施設数増やす】

国土交通省は、インバウンドのさらなる増加や2020年東京五輪・パラリンピックを見据え、ホテル客室とトイレのバリアフリー化を一段と促進するため、『高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準』の改正案(平成28年度版)をまとめた。1人でも多くの高齢者、障害者らが利用できるよう、「バリアフリーに配慮した一般客室」の設計標準を新たに追加。多機能トイレへの利用者の集中を避けるため、個別機能トイレの分散配置を促す。さらに既存施設の合理的・効果的なバリアフリー改修方法も提案。より利用しやすい施設の絶対数を増やしていく。改正案は23日からパブリックコメントを開始、2月末まで意見を募集した後、3月中に成案を策定する。
http://www.kensetsunews.com/?p=76333

 専門家審査経ず、障害区分決める /鹿児島 会員T.S.  2017年1月25日(水) 19:00
[修正]
専門家審査経ず、障害区分決める /鹿児島

 伊佐市が2016年3月末までの4年間にわたり、障害者らに必要とされる支援の度合いを認定する際、法律で定める専門家らの審査を経ずに延べ239人の手続きを済ませていたことが分かった。障害者らは、本来よりも軽い区分とされて適正に福祉サービスを受けられなかった可能性がある。
http://mainichi.jp/articles/20170124/ddl/k46/010/358000c

 障害者の「支援専門員」手いっぱい 1人で200人超担当も 会員T.S.  2017年1月23日(月) 14:38
[修正]
障害者の「支援専門員」手いっぱい 1人で200人超担当も(2017年1月22日午前11時20分)

 障害者の自立を総合的に支援する「障害者総合支援法」が2013年4月に施行され、障害者が福祉サービスを利用するには、居住自治体に「サービス等利用計画」の提出が必要となった。作成を担当する「相談支援専門員」は福井県内で166人(15年)。13年時の93人から73人増えたが、県内で支援を必要とする障害者は約7千人とされ、1人で200人以上を担当する専門員もいる。関係者からは「支援の質を上げるためにも増員が必要」との声が上がる。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/113589.html

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129
全 697件 [管理]
CGI-design