HOME全国頸髄損傷者連絡会:「福島頸損友の会 BBS」
 舌で操作する車いすを開発 岩手大「実用化で重度障害者支援に」 会員T.S.  2017年5月3日(水) 16:15
[修正]
舌で操作する車いすを開発 岩手大「実用化で重度障害者支援に」

 岩手大理工学部の佐々木誠助教らのグループが、舌を使って操作できる電動車いすを開発した。佐々木助教は「脊髄損傷などで手足を動かせなくても、舌を動かせる人は多い。実用化して重度障害者の生活支援に役立てたい」と話している。
http://www.sankei.com/life/news/170501/lif1705010023-n1.html

 首を銃で撃たれて四肢麻痺になった男性、20年後にお腹が膨れてきた 会員T.S.  2017年5月1日(月) 18:57
[修正]
首を銃で撃たれて四肢麻痺になった男性、20年後にお腹が膨れてきた

脊髄損傷による巨大結腸症の症例報告
https://medley.life/news/item/58f84c0c4abe3ff3028b4572

 宿泊施設のバリアフリー化支援を拡充します! 会員T.S.  2017年5月1日(月) 18:56
[修正]
宿泊施設のバリアフリー化支援を拡充します!

宿泊施設バリアフリー化支援補助金
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/04/26.html

 障害者差別解消法 施行1年 自治体への相談約2800件 会員T.S.  2017年4月28日(金) 19:29
[修正]
障害者差別解消法 施行1年 自治体への相談約2800件 <4月26日 4時38分>

障害のある人に対する差別の禁止などを盛り込んだ、障害者差別解消法の施行から今月で1年となりますが、NHKが全国の自治体に調査した結果、障害者などから寄せられた相談は1年間で、およそ2800件に上り、自治体が事業者などに指導や助言をしたケースが78件あることがわかりました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170426/k10010961461000.html

 県障がい差別解消条例、10月施行 相談や紛争防止、体制を整備 [福岡県] 会員T.S.  2017年4月22日(土) 13:07
[修正]
県障がい差別解消条例、10月施行 相談や紛争防止、体制を整備 [福岡県]<2017年04月21日 06時00分>

 障害者への不当な差別的取り扱いを禁じる「県障がい差別解消推進条例」が10月1日に施行される。県議会2月定例会で制定され、県は4月から広報紙などで県民への啓発を図っている。県によると、同様の条例は全国22道府県で制定され(2016年4月時点)、九州では福岡と佐賀が未整備だった。ただ制定を求めてきた障害者団体からは、条例制定を一歩前進と受け止める声とともに「具体的内容が乏しく、制定までの手続きも拙速だった」との不満も漏れている。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_sougou/article/323105

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134
全 722件 [管理]
CGI-design