HOME全国頸髄損傷者連絡会:「福島頸損友の会 BBS」
 障害のある学生の修学支援に関する検討会報告(第二次まとめ)について 会員T.S.  2017年4月15日(土) 20:00
[修正]
障害のある学生の修学支援に関する検討会報告(第二次まとめ)について<平成29年4月>

文部科学省
文部科学省では、「障害のある学生の修学支援に関する検討会(座長:竹田一則 筑波大学人間系教授)」を開催し、このたびその検討結果を「第二次まとめ」として取りまとめましたので、お知らせいたします。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/074/gaiyou/1384405.htm


 沖縄県、「幹細胞バンク」設置へ 再生医療後押し 会員T.S.  2017年4月15日(土) 19:57
[修正]
沖縄県、「幹細胞バンク」設置へ 再生医療後押し

 根治が難しいとされる糖尿病や脊髄損傷などの病気に対応する再生医療の製品開発企業の沖縄県内誘致に向け、県は2017年度から再生医療に使う脂肪幹細胞の安定供給システム構築に取り組む。事業期間は19年度まで。安全性と有効性の高い細胞貯蔵庫(ストック)を設置し、身体の修復や形成、病気の予防・治療を含む再生医療などの製品を開発する企業や医療機関に提供する。県によると、脂肪幹細胞の安定供給システム構築は国内では珍しいという。
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-478427.html

 青い鳥郵便葉書の無償配付 会員T.S.  2017年4月12日(水) 11:47
[修正]
青い鳥郵便葉書の無償配付

詳細:http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2017/00_honsha/0317_01_01.pdf
別紙:http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2017/00_honsha/0317_01_02.pdf

 既存の鎮痛剤が効かない神経因性疼痛の緩和メカニズムを解明 会員T.S.  2017年4月12日(水) 11:44
[修正]
既存の鎮痛剤が効かない神経因性疼痛の緩和メカニズムを解明

国立国際医療研究センター、国立がん研究センター、東京大学、理化学研究所による研究グループは、鎮痛剤で解決できない神経因性疼痛の解決を図るため、PAF(血小板活性化因子)を生合成できない欠損マウスを作製。それを用いた調査の結果、神経因性疼痛に対応可能な新規鎮痛薬の創薬へとつながる疼痛緩和のメカニズムを明らかにしたことを発表した。
http://news.mynavi.jp/news/2017/03/29/123/

 脊髄神経に埋め込める伸縮性ファイバー開発、脊髄損傷の治療研究に期待 会員T.S.  2017年4月12日(水) 11:40
[修正]
脊髄神経に埋め込める伸縮性ファイバー開発、脊髄損傷の治療研究に期待-MIT

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、脊髄神経に埋め込むことのできる伸縮性ファイバーを開発した。脊髄損傷の治療研究などに役立つと期待される。研究論文は、Science系列のオープンアクセス誌「Science Advances」に掲載された。
http://news.mynavi.jp/news/2017/04/10/084/

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129
全 697件 [管理]
CGI-design