HOME全国頸髄損傷者連絡会:「福島頸損友の会 BBS」
 障害者の小規模多機能への宿泊で省令改正−厚労省 会員T.S.   2011年6月11日(土) 10:16
[修正]
障害者の小規模多機能への宿泊で省令改正−厚労省 <医療介護CBニュース 6月10日(金)22時26分配信>

 厚生労働省はこのほど、介護保険法上の小規模多機能型居宅介護事業所による障害児・者への宿泊サービス(短期入所)の提供を認める改正省令を施行した。障害福祉サービスの事業所が少ない地域などで、障害児・者が宿泊サービスを身近に利用できるようにするのが狙い。
 施行に伴い、障害児・者に宿泊サービスを提供した際は、新たに設定された単価が障害者自立支援法に基づき支給される。単価は1日につき757単位が算定され、通いサービスを同じ日に提供した場合は231単位。人員や施設については、現行の小規模多機能型居宅介護の基準を適用するが、知的障害児施設や自立訓練事業所などの障害福祉関係施設から必要な技術的支援を受ける必要がある。

 安全に効率よくiPS細胞作製 京大が成功 会員T.S.   2011年6月11日(土) 10:12
[修正]
安全に効率よくiPS細胞作製 京大が成功 <日本テレビ系(NNN)6月9日(木)13時47分配信>

 再生医療の切り札として注目される人工多能性幹細胞(iPS細胞)をこれまでより効率よく作り出し、がんになる危険性を抑えることができる方法を京都大学の研究グループが開発した。
 筋肉や神経など体のあらゆる組織に成長するiPS細胞は、体の機能を失った人たちに対する再生医療の切り札になると期待されている。しかし、これまではiPS細胞を作りやすくするために、がんの遺伝子を使わなければならず、細胞ががんになるおそれが高まるという問題点があった。
 今回、京都大学・山中伸弥教授らの研究グループは、がんの遺伝子に代わって、「Glis1」と呼ばれる新たな遺伝子を使い、これまでの約10倍の効率でiPS細胞を作り出す方法を開発した。今回の開発について、山中教授は「iPS細胞の実用化にとって魔法の遺伝子だ」と話している。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20110609-00000041-nnn-soci

 ツバメは幸運の使者ですよね!! 会員T.S.   2011年6月3日(金) 13:44
[修正]
今日は久々に暖かくなって、窓を開けていたらツバメが2羽飛び込んできました。
きっと、必ず、良いことがありますよね。ツバメは幸運の使者ですもんね。
がんばろ!! CheerUp!! やま

 iPS抜きで神経細胞 米チームが人の皮膚細胞使い 会員T.S.   2011年5月27日(金) 9:50
[修正]
iPS抜きで神経細胞 米チームが人の皮膚細胞使い <2011年5月27日>

 人の皮膚の細胞に4種類の遺伝子を入れるだけで神経細胞に変化させることに、米スタンフォード大の研究チームが成功した。皮膚などの体細胞から治療などに必要な細胞に直接、変化させる「ダイレクト・リプログラミング」と呼ばれる方法が人の細胞で成功したのは初めて。
 研究チームは遺伝子4種類を人の皮膚細胞に入れて4〜5週間培養した。約半数が神経細胞の一種ニューロンになり、神経細胞として働くことも確認した。
 遺伝子4種類のうち3種類は、マウスの皮膚細胞からニューロンを作る際、使った。マウスは3種類で足りたが、人の場合はもう1種類の遺伝子を追加しないとできなかった。

 <サポート情報>福祉 9日現在 会員T.S.   2011年5月13日(金) 12:31
[修正]
<サポート情報>福祉 9日現在 <毎日新聞 5月9日(月)21時42分配信>

◆JDF被災障害者総合支援本部 宮城県と福島県を中心に、障害のある人や家族、支援者に物資や介助を提供するなど、困りごと全般に対応している。

 みやぎ支援センター(電話・ファクス022・244・6965、メールjdf.miyagi@gmail.com)
 ふくしま支援センター(電話024・925・2428、ファクス024・925・2429)

◆被災地障がい者センター東北本部(電話022・746・8012、ファクス022・248・6016)被災した障害者の困りごと相談のほか、病院の送迎や介助者の派遣、物資提供などにも対応している。

◆日本盲人福祉委員会・視覚障害者支援現地対策本部(電話090・1704・0437)土日夜間対応可能。視覚障害者だけでなく、目の見えにくい人も対象に、物資支援や生活相談対応をしている。

◆全日本ろうあ連盟・東日本大震災聴覚障害者救援中央本部(電話03・3268・8847、ファクス03・3267・3445)9〜17時、平日のみ。東北3県に本部を置き、聴覚障害者や支援者からの相談に応じている。

◆認知症の人と家族の会・電話相談(電話0120・294・456。携帯電話の場合は電話075・811・8418)10〜15時、平日のみ。認知症に関する悩みや介護制度など、全般の相談にのっている。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133
全 716件 [管理]
CGI-design