HOME全国頸髄損傷者連絡会:「福島頸損友の会 BBS」
 五輪へ、車いす用客室を全国調査 ホテルのバリアフリー急務 <2017/11/4 14:39> 会員T.S.  2017年11月6日(月) 9:54
[修正]
五輪へ、車いす用客室を全国調査 ホテルのバリアフリー急務 <2017/11/4 14:39>

(c)一般社団法人共同通信社
 2020年東京五輪・パラリンピックに向け、国土交通省は全国のホテルや旅館のバリアフリー化について大規模な実態調査を始めた。大会には車いすを利用する観客も多く訪れることが予想され、快適に宿泊できる客室の整備は急務。国際パラリンピック委員会(IPC)はバリアフリー対応の客室が不足していると指摘しており、現状を把握するとともに、用者らへの情報提供の在り方を検討する。
 IPCは5月、東京大会の準備状況を確認する大会組織委員会との事務折衝で、関係者が泊まるホテルのバリアフリーに関し改善が必要と強調した。

 他人のiPS移植手術終了…目の難病「加齢黄斑変性」患者5人に 会員T.S.  2017年11月5日(日) 12:58
[修正]
他人のiPS移植手術終了…目の難病「加齢黄斑変性」患者5人に

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20171102-OYTET50005/

 「生活援助」の介護 担い手拡大 厚労省、研修制度新設へ 会員T.S.  2017年11月2日(木) 19:39
[修正]
「生活援助」の介護 担い手拡大 厚労省、研修制度新設へ

https://mainichi.jp/articles/20171102/k00/00m/040/093000c

 対麻痺患者がVRによって下肢の身体感覚をバーチャルに感じ、幻肢痛も緩和されたという実験結果が公開される 会員T.S.  2017年11月2日(木) 19:38
[修正]
対麻痺患者がVRによって下肢の身体感覚をバーチャルに感じ、幻肢痛も緩和されたという実験結果が公開される

https://vrinside.jp/news/vr-improves-embodiment/

 米国で下半身麻痺を患っていた男性患者が数十ヶ月にわたり脊髄への電気刺激を受けた結果、自らの足で立てるようになった。 会員T.S.  2017年11月2日(木) 19:37
[修正]
米国で下半身麻痺を患っていた男性患者が数十ヶ月にわたり脊髄への電気刺激を受けた結果、自らの足で立てるようになった。

https://jp.sputniknews.com/science/201710294230035/

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136
全 735件 [管理]
CGI-design