HOME全国頸髄損傷者連絡会:「福島頸損友の会 BBS」
 老人と障害者の自立のための 39th 国際福祉機器展 会員T.S.  2012年9月7日(金) 7:21
[修正]
老人と障害者の自立のための 39th 国際福祉機器展
Int. Home Care & Rehabilitation Exhibition 2012

会  期:2012(平成24)年9月26日(水)〜28日(金)
会  場:東京ビッグサイト 東展示ホール(東京都江東区有明)
出展社数:約540社・団体(日本482社・団体、海外58社)※見込み
開場時間:午前10時〜午後5時
入 場 料:無料(登録制:当日または事前)
主  催:全国社会福祉協議会 保健福祉広報協会

 機関誌『頸損』No.107をお送りしました♪やまm(__)m 会員T.S.  2012年9月3日(月) 11:38
[修正]
9月になって朝晩は随分と涼しくなりましたが、皆様、お変わりございませんか。まだ、残暑お見舞い申し上げます! で良いのかな・・・
機関誌『頸損』No.107が届きましたので、取り急ぎお送りします。Sさんのご執筆された
 ゼロからの再出発『旅が私の心を支え希望を与えてくれた』〈障がい者の旅行を考える会代表〉
が掲載されてますよ!!!
お役立ちかと思いましたので、大阪発「頸損だより・頸損情報DB―日常生活の工夫―」も添えます。
8日土曜日の福島・栃木・東京・神奈川合同拡大交流会はご参加予定者が66名です。元気の出る交流会になりますように!

 機関誌届きました♪ 会員Y.W  2012年9月5日(水) 14:56 [修正]
本日、機関誌が届きました。ありがとうございます。
残暑厳しい中、皆さん頑張っておられますね。
合同交流会の準備、大変だったと思います。
ご苦労様でした。参加できませんが楽しんできてください。
Sさんの執筆も読ませていただきました。
皆さんの前向きさと行動力には敬服するばかりです。
気合を入れなくっちゃ!

 パラリンピック29日開幕、日本選手は135人 会員T.S.   2012年8月14日(火) 10:36
[修正]
パラリンピック29日開幕、日本選手は135人 <読売新聞 8月14日(火)1時44分配信>

 次回、2016年開催都市のブラジル・リオデジャネイロ市内では同夜、数百人の市民が、特設スクリーンに映し出される閉会式を見守り、五輪旗が、国際オリンピック委員会(IOC)のロゲ会長から、パエス市長に手渡されると、大歓声が沸き上がった。
 今大会、日本は金7、銀14、銅17個の計38個のメダルを獲得し、総数では04年アテネ大会の37個を上回る過去最多を記録した。金メダル数では前回北京大会の9個を下回り、目標とした5位以内に届かなかった。
 また、障害者スポーツのロンドンパラリンピックは29日に開幕する。日本選手は135人が、全20競技のうち17競技に出場を予定しており、前回北京大会のメダル数の計27個(金5、銀14、銅8)を上回る成績が期待されている。

 ★しらかわ在宅医療拠点センター★ 開所!! 会員T.S.   2012年7月29日(日) 8:39
[修正]
★しらかわ在宅医療拠点センター★ 開所しました!!
まずは、お電話を:電話 0248−29−8275
 
住みなれた家でケアと云っても病気の心配や日常生活の不安はいろいろ出てきます。退院後の悩みなど「抱え込まず」にご相談下さい。当センター(医療関係機関や施設との連携を進めています)の医師、看護師と一緒に考えてみませんか?

相談時間:毎日9時〜17時 
相談料:無料
*時間外は留守電などで対応します。

*当センターは、NPO法人しらかわ市民活動支援会が、厚生労働省の助成金を活用して運営をしています。安心してご相談下さい。

 長寿で亡くなった人からiPS細胞作製 慶大教授ら成功 会員T.S.   2012年7月28日(土) 16:50
[修正]
長寿で亡くなった人からiPS細胞作製 慶大教授ら成功

 健康なまま長寿で亡くなった人の細胞からiPS細胞を作ることに、慶応大の鈴木則宏教授(神経内科)らが成功した。26日付の米科学誌プロスワンに研究成果を発表した。病気の人の細胞と比べると病気の特徴がよく分かり、アルツハイマー病やがんなど老化にかかわる様々な病気の研究や治療法の開発に役立つという。
 チームは、重い病気をせずに年を重ね、老衰や肺炎で亡くなった105歳を超える2人の皮膚細胞から、iPS細胞を作り、神経細胞に変化させた。アルツハイマー病やパーキンソン病の患者のiPS細胞も皮膚から作り、神経細胞に変化させた。長寿の人の細胞と比べると、病気に関係する毒性の強いたんぱく質が2倍近く作られていた。
 若い人だと、健康に見えても細胞内に異常があり、年を取ってから病気が発症することがある。100歳を超えても病気を発症しない人の細胞はこうした心配がなく、健康な細胞のモデルになる。伊東大介専任講師は「がんや心疾患など、老化と関係する他の病気の研究にも役立つだろう」と話す。(下司佳代子)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133
全 716件 [管理]
CGI-design