HOME全国頸髄損傷者連絡会:「福島頸損友の会 BBS」
 京大、脊髄損傷の神経細胞の産生を亢進させ下肢麻痺を改善させることに成功 会員T.S.  2014年5月17日(土) 11:53
[修正]
京大、脊髄損傷の神経細胞の産生を亢進させ下肢麻痺を改善させることに成功
http://news.mynavi.jp/news/2014/05/16/233/
  [2014/05/16]
京都大学は5月16日、脊髄での神経細胞産生を亢進して脊髄損傷による下肢の麻痺を改善することに成功したと発表した。

 ロボット活用し脊髄損傷治療で受賞 会員T.S.  2014年5月17日(土) 11:51
[修正]
ロボット活用し脊髄損傷治療で受賞 <5月15日 11時26分>

茨城県つくば市のベンチャー企業が開発したロボットを活用した脊髄損傷の治療が、革新的な技術や開発者に贈られるアメリカの「エジソン賞」の金賞を受賞しました。
アメリカのマーケティング協会が27年前に創設した「エジソン賞」は、新しい製品やサービスの革新的な技術や開発者に毎年贈られ、およそ3000人の審査員の投票で決まります。
ことしの「エジソン賞」の金賞は、つくば市のベンチャー企業「サイバーダイン」が開発したロボットスーツを活用した脊髄損傷の治療が受賞しました。
「サイバーダイン」によりますと、このロボットスーツは、脚に装着すると立ったり歩いたりする動作を補助し、装着した状態で歩行訓練を行うことで、脳の神経や筋肉の機能の改善が見込めるとしています。
ロボットスーツは、日本では医療機器として認められていませんが、ヨーロッパでは去年、医療機器の認証を受け、このうちドイツでは労災保険も適用され、すでに脊髄損傷の患者の治療などに使われている点が評価されたということです。
「サイバーダイン」は、「エジソン賞の受賞を契機に、日本発の医療機器を世界規模で展開できるよう期待している」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140515/k10014466561000.html

 神経症候や機能障害の改善、要介護度の改善に期待 会員T.S.  2014年5月14日(水) 15:10
[修正]
ニプロ 札幌医科大と再生医療医薬品の製造販売に向けた特許ライセンス契約を締結 神経症候や機能障害の改善、要介護度の改善に期待

ニプロ株式会社は4月28日、札幌医科大学の「脳梗塞及び脊髄損傷の治療に用いる自己骨髄間葉系幹細胞」の特許について、再生医療医薬品の製造販売を行うことを目的に、ライセンス契約を締結したと発表した。
http://www.qlifepro.com/news/20140512/signed-a-patent-license-agreement-to-manufacture-and-sale-of-sapporo-medical-university-and-the-regenerative-medicine-pharmaceuticals-nipro.html

 機関誌『頸損』No.112 をお送りしました♪ 会員T.S.  2014年5月6日(火) 9:52
[修正]
頸友の皆様へ

 桜の花も散り、あっという間に5月、爽やかな季節となりました。 ゴールデンウィークも今日で最終、頸友の皆様、いかがお過ごしですか。 この時期、季節の変わり目でもあり、体調をくずされる方が意外と多いのだそうです。 皆様、くれぐれもご健康にご留意くださいね。
遅くなりましたが本部から機関誌『頸損』112号が届きましたので、取り急ぎお送り致します。なお、全国頸髄損傷者連絡会ホームページでも今号が掲載されましたので、PDFファイルにて閲覧することができます。m(__)m

 定着しつつある「東京・神奈川・栃木・福島4県合同交流会」ですが、今年は第5回目、福島県にて開催されます。 これまでは郡山市会場でしたが、今年はなんと、"四肢麻痺者の情報交換誌"「はがき通信」の懇親会と合体で、福島市にて開催、交流会の翌日は被災地視察も予定、 ということになりました。詳細はまだ決まっておりませんので、もう少ししたら 改めて御案内さしあげます・・・ が、この機会にほぼ確定の予定のみお知らせ致します。

     「はがき通信」&「頸損4県合同交流会」

 日 時  :  平成26年10月4日(土)
 場 所  :  福島市保健福祉センターの大会議室(第一候補)

 被災地視察  :  平成26年10月5日(日) (相馬・南相馬を予定)

 ☆「はがき通信」  http://www.normanet.ne.jp/~hagaki-t/PCC1.htm

 北海道・札幌に細胞医薬品工場 傷ついた神経再生、札医大とニプロ連携 会員T.S.  2014年5月4日(日) 9:03
[修正]
北海道・札幌に細胞医薬品工場 傷ついた神経再生、札医大とニプロ連携(04/29 06:40)

 医療機器・医薬品製造のニプロ(大阪市)は28日、脳梗塞の後遺症や脊髄損傷の改善のため、札幌医大の技術を生かし、傷ついた神経を再生させる「細胞医薬品」の製造工場を札幌市内に建設、2018年にも稼働させると発表した。この治療法は世界でも前例がないとみられ、札医大が現在、国内初の臨床試験(治験)を実施中。ニプロは工場で地元の新規採用を含め、技術者数十人を雇用し、年間200人の患者に細胞医薬品を提供したい考えだ。
 同社によると、新工場は総工費10億〜20億円で15年にも着工。立地は明らかにしなかったが、「札医大の近くに建設したい」とした。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/536260.html

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133
全 718件 [管理]
CGI-design