HOME全国頸髄損傷者連絡会:「福島頸損友の会 BBS」
 再生医療、宇宙で研究へ 広島大ら実験、NASA採択 会員T.S.  2015年9月26日(土) 11:34
[修正]
再生医療、宇宙で研究へ 広島大ら実験、NASA採択 <2015年9月24日12時56分>清水康志

 広島大学と米ハーバード大の研究グループが、国際宇宙ステーション(ISS)で、骨や神経の元となる幹細胞を培養する再生医療の研究を始める。米航空宇宙局(NASA)の宇宙実験に採択された。マウスでの実験を通じ、脊髄(せきずい)損傷の患者の治療に生かすのが狙いだ。
http://www.asahi.com/articles/ASH9L4FCXH9LPITB00H.html

 脊髄損傷を救う新細胞治療になるか、神経の大元になる幹細胞を移植 会員T.S.  2015年9月6日(日) 14:22
[修正]
脊髄損傷を救う新細胞治療になるか、神経の大元になる幹細胞を移植

https://www.mededge.jp/b/tech/18694

 アンケート調査のお願い 千葉俊之  2015年8月29日(土) 12:57  HP Mail
[修正]
相山さま、ご案内いただきまことに有り難く思います。会員の皆様はじめまして。千葉俊之と申します。頸髄損傷者の生活の質について研究をしております。このたびインターネットでアンケート調査を実施することになりました。趣旨にご理解いただける方のご協力をお願い申し上げます。以下、少し長くなりますが、調査の説明と、回答用のホームページへのリンクをご案内させていただきます。

アンケートにご協力をお願いします

私は東京大学大学院医学系研究科の大学院生の千葉俊之と申します。東京頸髄損傷者連絡会の会員としてもお世話になっております。このたび、研究へご協力をお願いしたく、ご説明をさせていただきます。研究の目的は頸髄損傷者の「価値観の転換」のアンケートにお答えいただき、突然のアクシデントで障害を負った頸髄損傷者の方々が、どのような価値観をお持ちになっているのか、自立生活との関連などについて明らかにするために行うものです。この研究の成果は、今後の頸髄損傷者の方々への「心理的なサポート」などの方面で貢献することを目標としています。この調査は、ご協力いただける方に、パソコンでホームページにアクセスしていただき回答していただきます(スマートフォン対応)。研究の結果は「頸損」に、わかりやすい形で報告させていただきます。どうぞよろしくお願い致します。
【回答用ホームページはこちらです】
https://www.net-research.jp/697525/toshiyukichiba/

【QRコードは添付した画像をお使いください】

【個人情報の管理】
ご協力いただいた皆様に関する情報は、他に漏れることのないよう、私が所属する木内貴弘研究室で厳重に保管いたします。
【謝礼のお支払】
ご協力いただいた皆様に、500円の謝礼をお支払いいたします。ホームページ上で回答終了後、ギフト券を発行いたします。
【回答いただく期間】2015年9月1日0:00〜9月30日24:00
ご回答いただくホームページへのリンクはこちらです。
【お問い合わせ】
ご意見・ご質問などがございましたら、お気軽に下記までお問い合わせください。
担当者:千葉俊之
東京大学大学院医学系研究科 医療コミュニケーション分野 木内貴弘研究室 博士課程
Eメール:toshichiba.u.tokyo@gmail.com
TEL:090-8501−3671

【自己紹介】千葉俊之。交通事故で脊髄を損傷し、車椅子で生活を送っている。2008年にアメリカカンザス大学で、脊髄損傷者23名に彼らの生活や仕事ぶりの取材をしたことが、頸髄損傷の方々に貢献できるような現在の研究を始めるきっかけとなった。2009年から一橋大学大学院で頸髄損傷者の生活の再編成へのプロセスを研究。2011年から、東京大学大学院医学系研究科医療コミュニケーション分野に在籍中。


 アンケートにご協力をお願いします! 会員T.S.  2015年8月29日(土) 12:24
[修正]
機関誌「頸損」116号をお送りしましたが、無事に届きましたでしょうか。その35ページにも詳しく掲載されておりますが、改めて頸友の皆様にアンケートのご協力を依頼されましたので、よろしくお願い致します。相山m(__)m
------------------------------
このたび、研究へご協力をお願いしたく、ご説明をさせていただきます。研究の目的は頸髄損傷者の「価値観の転換」のアンケートにお答えいただき、突然のアクシデントで障害を負った頸髄損傷者の方々がどのような価値観をお持ちになっているのか、自立生活との関連などについて明らかにするために行うものです。この研究の成果は、今後の頸髄損傷者の方々への「心理的なサポート」などの方面で貢献することを目的としています。この調査はご協力いただける方にパソコンでホームページにアクセスしていただき回答していただきます(スマホ対応)。

【回答いただく期間】2015年9月1日 0:00〜9月30日 24:00

ホームページリンク http://goo.gl/Gz98jp

【お問い合わせ】担当者:千葉俊之
東京大学大学院医学系研究科 医療コミュニケーション分野 木内貴弘研究室 博士課程
Email:toshichiba.u.tokyo@gmail.com

 「ウェル★ラボ みんなで解決!福祉機器アイディアポータル」のお知らせ! 会員T.S.  2015年8月21日(金) 20:07
[修正]
「ウェル★ラボ みんなで解決!福祉機器アイディアポータル」のお知らせ!

皆さん是非、ご活用ください!
https://wel-lab.jp/

この度、国立障害者リハビリセンター研究所福祉機器開発部では、障害者の方々の福祉機器に関するお悩みを共有し解決へつながるようなプラットフォームを開設しました。悩みや課題を共有、公開し、広く解決方法を募集していきますが、その場所としてFacebookを活用し「ウェル★ラボ みんなで解決!福祉機器アイディアポータル」というページを設けます。
このページの運用は「ウェル★ラボ運営委員会」のメンバーが行ないます。ただし、メンバー直接解決策を出すのではなく、このプラットフォーム上での議論が円滑になるためのサポートをしていく予定です。
Facebookをやっている方は、ウェルラボ‐Welfare Lab.-みんなで解決!福祉機器アイディアポータルβ版検索して頂き、Facebookのウェル★ラボの”いいね!”を押すとフィード上に情報が流れるそうです。また、ウェル★ラボのページで知りたい事や聞きたい事(福祉機器等に関する)あるかたがいましたら、ウェル★ラボに投稿の方をしてみてはどうでしょうか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129
全 697件 [管理]
CGI-design