HOME全国頸髄損傷者連絡会:「福島頸損友の会 BBS」
 仮設住宅、車いす使えず 障害者男性が入居断念 会員T.S.  2016年7月11日(月) 11:56
[修正]
仮設住宅、車いす使えず 障害者男性が入居断念 <2016年07月09日>

 熊本地震発生からやがて3カ月。応急仮設住宅の整備が進んでいるが、室内の段差や入り口の狭さが原因で、車いす利用者が入居を断念したケースがあったことが分かった。高齢者の家族からも「転倒が心配」との声も上がっており、専門家は「完全なバリアフリーの仮設住宅を建てるべきだ」と指摘する。
https://kumanichi.com/news/local/main/20160709002.xhtml

 鉄道、五輪へバリアフリー加速車いすスペース増設 会員T.S.  2016年7月11日(月) 11:53
[修正]
鉄道、五輪へバリアフリー加速車いすスペース増設 <2016/7/9 18:31>

 国土交通省は9日、2020年東京五輪・パラリンピックを見据え、全国の鉄道車両や施設のバリアフリー化を加速する方針を決めた。鉄道車両の車いすスペースを原則として1編成当たり2台分以上に増やすのが柱。17年度をめどにバリアフリー法の基準を改正し、鉄道事業者に新型車両への設置を義務付ける。
http://this.kiji.is/124413004651070971?c=110564226228225532

 機能訓練を希望する頸髄損傷利用者募集のご案内 会員T.S.  2016年7月9日(土) 18:59
[修正]
機能訓練を希望する頸髄損傷利用者募集のご案内

この度、平成28年7月1日、頸髄損傷のリハビリテーションに豊富な経験と実績をもつ伊東重度障害者センターと統合いたしました。これを機により充実したサービスの提供に努めて参ります。夢の実現に向け訓練を希望する頸髄損傷の方を募集しております。
利用申請や見学相談など下記まで、お気軽にお問い合わせください。

<お問い合わせ先>
★国立障害者リハビリテーションセンター 自立支援局 総合相談課★

電 話 04−2995−3100(内線2211-2215)
F A X  04−2992−4525(直通)
E-mail ; soudan@rehab.go.jp
住 所 ; 〒359-8555 埼玉県所沢市並木4−1

※見学相談は事前予約が必要です。

http://www.rehab.go.jp/info/20160701.html

 使わなくなった車いすを処分する 会員T.S.  2016年7月8日(金) 16:13
[修正]
使わなくなった車いすを処分する

http://getnews.jp/archives/1486819

 【義肢装具自立支援学科】3名の学生が「車いす安全整備士」の資格を取得しました。  会員T.S.  2016年7月8日(金) 16:10
[修正]
【義肢装具自立支援学科】3名の学生が「車いす安全整備士」の資格を取得しました。

http://www.nuhw.ac.jp/topics/public/detail/insertNumber/1910/

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136
全 735件 [管理]
CGI-design