HOME全国頸髄損傷者連絡会:「福島頸損友の会 BBS」
 要介護認定の抜本改善など求める- 認知症の人と家族の会が要望書 会員T.S.  2016年9月16日(金) 12:01
[修正]
要介護認定の抜本改善など求める- 認知症の人と家族の会が要望書

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/49615.html

 歩行・足首アシスト装置の実証実験を開始 会員T.S.  2016年9月16日(金) 11:58
[修正]
歩行・足首アシスト装置の実証実験を開始

安川電機は、スポーツクラブ事業を展開するルネサンスの協力の下、歩行アシスト装置「ReWalk」と足首アシスト装置を用いた実証実験を開始した。まひや歩行障害がある人を対象とし、歩行支援や効率の良い自然な歩行訓練を実施する。
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1609/14/news019.html

 <高齢者と障害者の自立のための>第43回国際福祉機器展 会員T.S.  2016年8月23日(火) 11:29
[修正]
<高齢者と障害者の自立のための>第43回国際福祉機器展
Int. Home Care & Rehabilitation Exhibition 2016

会  期:2016(平成28)年10月12日(水)〜14日(金)
会  場:東京ビッグサイト 東展示ホール(東京都江東区有明)
出展社数:528社・団体(日本458社・団体、海外70社)※見込み
開場時間:午前10時〜午後5時
入 場 料:無料(登録制:当日または事前)
主  催:全国社会福祉協議会 保健福祉広報協会

 障害学生の修学を支援 差別解消法を踏まえ骨子案提示 会員T.S.  2016年8月21日(日) 11:19
[修正]
障害学生の修学を支援 差別解消法を踏まえ骨子案提示 <2016年8月18日>

障害のある学生の修学支援に関する検討会は8月17日、文科省で第5回会合を開いた。事務局から「第二次まとめ」の骨子案が提示された。4月に施行された障害者差別解消法を踏まえた「合理的配慮」や「不当な差別的取扱い」に関する考え方などが明記されている。
https://www.kyobun.co.jp/news/20160818_03/

 福祉用具レンタルの原則自己負担方針 本紙報道に反響続々 会員T.S.  2016年8月21日(日) 11:17
[修正]
福祉用具レンタルの原則自己負担方針 本紙報道に反響続々 <2016年8月19日 朝刊>

 福祉の充実に使うと言っていたお金はどこへ−。要介護度の軽い人たちについて、福祉用具レンタルを原則自己負担化するとの財務省案。利用者から悲鳴が上がっていると三日の本紙朝刊暮らし面が伝えたところ、読者らから反響が相次いだ。安倍政権が掲げる「一億総活躍」に反し弱者いじめそのものでは、というのだ。 (編集委員・白鳥龍也)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201608/CK2016081902000121.html

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129
全 697件 [管理]
CGI-design