HOME全国頸髄損傷者連絡会:「福島頸損友の会 BBS」
 「ようこそ、福島頸損友の会です」 世間話し、お知らせ、耳寄りな?情報、連絡等にお使いください。

          投稿パスワードは”10227162”です。

誹謗中傷等、不適切な投稿内容と思われる場合は、勝手ながら削除対象としますのでご了承ください。
お名前
メール
HP
題名

内容
画像
修正キー (英数8文字以内)
パスワード
 http://www.clubrand.com/pp-20-c0/  フェンディ コピー 激安  2019年8月21日(水) 17:16  HP Mail
[修正]
参加者はまず知っているのは彼らの目標は何を準備してこの目標を足を知ると
ジュゼッペザノッティ Giuseppe Zanotti コピー ジュゼッペザノッティ コピー 激安 ジュゼッペザノッティ コピー 新作
を発揮し、創意に加え、抜群の技巧を演じ、優れた作品を作りhttp://www.clubrand.com
ジュゼッペザノッティ 靴 コピー ジュゼッペザノッティ バッグ コピー ジュゼッペザノッティ 靴 コピー
ジュゼッペザノッティ コピー 代引き ジュゼッペザノッティ コピー 通販http://www.clubrand.com/pp-19-c0/
ジャガールクルト コピーjpshopkopi.com/kategori-193-b0.html ジャガールクルト コピー

 【ご案内】国リハ研究所 流動研究員の募集、他 会員T,S,  2019年7月20日(土) 9:52
[修正]
【ご案内】国リハ研究所 流動研究員の募集、他

標記、ご関心ありましたら、以下、ご覧ください。また、ご関心ありそうな方にご紹介頂けたら幸いです。

1.流動研究員募集要項 〆切7/29午後17時必着 採用10/1
  http://www.rehab.go.jp/kyujin/japanese/2019ryudo.html

2.国リハコレクションへの出展 〆切7/31目途 開催日10/19(土)
  http://www.rehab.go.jp/ri/eventj/fashion-new/

 郵便局の『青い鳥郵便はがき』 会員T.S.  2019年4月22日(月) 12:09
[修正]
郵便局の『青い鳥郵便はがき』

身体障害者手帳「1級」又は「2級」、又は療育手帳「A」又は「1度」もしくは「2度」の方は、郵便局の「青い鳥郵便はがき」20枚を無償で配付してもらえます。
受付期間は、2019年4月1日(月)から同年5月31日(金)まで。(配付は2019年4月22日(月)以降となります)

窓口の場合は、最寄りの郵便局の窓口に障害者手帳または療育手帳を提示し、「青い鳥郵便葉書配付申込書」に必要事項を記入の上、窓口に提出するとのこと。代理人による提出も可能です。
郵送の場合は、ホームページにある「青い鳥郵便葉書配付申込書」PDF版を印刷し、必要事項を記入し最寄りの郵便局に郵送します。
・「青い鳥郵便葉書配付申込書」PDF版
https://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2018/00_honsha/0316_01_02.pdf

郵便局の「青い鳥郵便はがき」について
https://yuubinya.com/2019/03/21/bluebird-postcard/

 第8回合同シンポジウム「障害当事者こそが変える!人手不足の介護現場」開催のご案内 会員T.S.  2019年3月22日(金) 15:34
[修正]
第8回合同シンポジウム「障害当事者こそが変える!人手不足の介護現場」開催のご案内

今回は介護分野の人材が不足する中、離職の原因の一つとされえる抱え上げ・持 ち上げによる腰痛にスポットを当てます。当事者・支援者と共に介護現場での福祉用具活用について考えてみませんか。ぜ ひご参加ください。
テーマ:「障害当事者こそが変える!人手不足の介護現場」〜だれのため?みんなのため!みんなで考えよう!〜

主催:一般社団法人日本リハビリテーション工学協会・全国頸髄損傷者連絡会
共催:一般社団法人ナチュラルハートフルケアネットワーク

開催日時:2019年4月27日(土)10:00〜17:00
会場:かがわ総合リハビリテーションセンター
参加費:500円(会員・学生)1,000円(一般・非会員)
参加申し込み締切:4月24日
詳細は日本リハビリテーション工学協会のWEBサイトを御覧ください。
http://www.resja.or.jp/

 日立製作所,再生医療の普及に向け,iPS細胞大量自動培養装置を製品化 会員T.S.  2019年3月12日(火) 15:06
[修正]
日立製作所,再生医療の普及に向け,iPS細胞大量自動培養装置を製品化〜国内初の商用装置を大日本住友製薬の再生・細胞医薬製造プラントに納入〜2019-3-11

(株)日立製作所(以下,日立)は,iPS細胞大量自動培養装置*1「iACE2(アイエースツー)」を,再生医療等製品に使用するiPS細胞の商用製造が可能な装置として国内で初めて*2製品化し,2019年3月8日に第1号機を大日本住友製薬(株)(以下,大日本住友製薬)の再生・細胞医薬製造プラント(SMaRT)に納入した。
本装置は,再生医療等製品の製造管理および品質管理の方法に関する基準であるGCTP省令*3に適合させるために必要な機能を有した,国内初の装置として,臨床に使用するiPS細胞を大量に自動で培養することができる。培養容器や培地の流路には完全閉鎖系の流路モジュールを用いており,細胞の播種,培養,観察を無菌環境で行えるため,品質の高い細胞を安定的に供給することが可能である。
iPS細胞は多能性を有し,傷病などで傷ついた細胞を補う治療法である再生医療に役立つことが期待されている。2014年に世界初のiPS細胞を用いた加齢黄斑変性の臨床研究が日本で行われて以降,重症心不全や脊髄損傷を対象とした臨床研究の準備が進められている。2018年には,京都大学でiPS細胞を用いたパーキンソン病*4治療に関する国内初の医師主導治験が開始されるなど,iPS細胞の実用化に向けた取り組みが急速に進んでいる。一方,iPS細胞の培養は熟練者による手技で行われているのが現状であり,iPS細胞を用いた再生医療の普及のためには細胞の大量培養技術が必要とされている。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139
全 750件 [管理]
CGI-design